So-net無料ブログ作成

ダイエット 筋トレ 女性

女性におすすめの筋トレの内容やダイエット効果について書いてます。筋トレを組み込んでいって、効率よくダイエットを進めていきましょう。

 

過去ログページ

ダイエット 筋トレ 効果

ダイエット中の筋トレの効果は

●痩せやすく、太りにくい体質に変わっていくことが出来る
●脂肪を燃やしやすくする

この2つが大きいですね。
体を引き締めていく効果もありますが、体重を落としていくダイエットを目的としているのであれば、この2つはとても大きな要素だと思いますよ。

筋肉は脂肪を燃やす働きがあると言われています。
ですので、筋肉量を増やしていくことが出来れば、痩せやすくなりますし、太りにくくなっていくことが出来るのです。

また、筋肉量が増えればそれだけ脂肪を燃やしやすくなりますが、筋トレを行うタイミングでもそれは変わってきます。
筋トレを行うと、成長ホルモンというホルモンが分泌されるのですが、このホルモンは体脂肪を分解する働きをすると言われています。
ですので、有酸素運動の前に筋トレを行うと、効率よく脂肪を燃やしていくことが出来るのです。

こういった理由から、ダイエットに筋トレは効果的だと言われています。
無理にやれとは言いませんが、1週間に1度でもやらないよりはマシですから、時間などに余裕がある時は行ってみるといいと思いますよ。

食事でたんぱく質を摂取していくと、筋肉量を増やしていきやすくなりますので、意識して摂取していってみてはどうでしょうか。
食事からの摂取が難しいなら、プロテインを利用していくのもいいそうですよ。



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 筋トレ 毎日

ダイエットのために筋トレは毎日行っていける方がいいですが、無理はしないことが大切です。

まず、筋肉は使ったら回復するのに72時間は必要とすると言われています。
つまり、今日腹筋をしたのであれば、3日は腹筋の筋トレは出来ないのです。

また、普段からあまり運動をしていない人は特に筋肉痛になりやすいですよね。
筋肉痛は、回復が追いついていない状態です。
ですので、筋肉痛が治まるまでは筋トレはしない方がいいのです。

ですが、ダイエットの効率アップを目指すなら、毎日筋トレを行っていけた方が筋肉量を増やしていけますし、脂肪分解が出来て脂肪を燃やしやすくなります。

長い目で見てダイエットを進めていくなら回復を待ってからの筋トレがおすすめです。
ですが、なるべく短い期間で効果を出したいなら、ローテーションをしていくのもいいですね。

今日腹筋をしたなら、明日は足の筋トレ、明後日は胸の筋トレ、その次は二の腕…というように、別の場所の筋トレをローテーションで行っていきましょう。
そうすれば、筋肉を休めつつ、筋肉量を増やしていくことが出来ます。

ただ、筋肉痛を起こしている人は、正しい姿勢での筋トレが難しくなる場合があります。
筋トレは回数や時間ではなくて、正しい姿勢で正しいやり方で筋トレをしていくことが重要です。

ですので、筋トレを始めたばかりの頃は、筋肉痛が治まるのを待ってから行っていくのがいいでしょうね。
慣れてきたらローテーションをしていくことで、ダイエット効率を上げていくことが出来ますよ。

なにごとも、無理の無いことから始めていくことが大切ですからね。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 筋トレ 有酸素運動

ダイエットに有効的なのは有酸素運動ですが、筋トレを行うとより効率よく脂肪を燃やしていきやすくなりますよ。

筋肉は脂肪を燃やす働きがあるというのは聞いたことがあると思います。
ですので、筋肉量を増やすことが出来れば、より脂肪を燃やしていきやすくなるのです。

つまり、筋肉量が増えれば、有酸素運動の効果もアップしますし、体質改善にも繋がります。

有酸素運動の前に筋トレを行えば、分泌された成長ホルモンが脂肪を分解してくれるので、効率よく脂肪を燃やしていってくれます。
ジョギングやウォーキングの前に時間が取れるのであれば、軽くでも筋トレを行ってみてはどうでしょうか。

また、運動前でなくても筋トレを行っておくと、筋肉量を増やしていくことが出来ます。
ダイエット中であれば痩せやすくなりますし、ダイエットが終わったあとも体型維持・体重維持が期待出来ますよ。

筋トレだけでは体重は落としていきにくいですが、有酸素運動と組み合わせることで効率よくダイエットを進めていけますよ。
なかなか体重が落ちない、という人や早く体重を落としたい、という人は試してみてはどうでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 筋トレ 器具

ダイエット器具を使って筋トレを行っていくのも、二重の意味でおすすめですね。

おすすめする理由の一つ目は、正しい姿勢で筋トレをしやすくなります。
筋トレで重要なのは、正しい姿勢で、正しく筋肉を鍛えていくことです。
でないと、しなやかな筋肉を作っていくことが出来なくなって、ただガタイが良くなるだけになってしまいます。
私に筋トレを教えてくれた先生は、そう言って、「回数などは意識しなくていいので、筋肉を使っていることを意識するように」と何度も言っていましたよ。

そして、二つ目の理由は「お金を出した分は頑張ろう」という気になりやすいということです。
私だけではないと思いますが、やはりお金を出した分は元を取ろうという意識になる人もいるのではないでしょうか。
筋トレの器具も色々なタイプがありますので、高額な買い物ではないこともありますが、それでも勿体無いことにはしたくないですからね。
効果が出るまでは続けていこう、という気になりやすいと思いますよ。

ダイエット器具の中で人気があるものを調べてみると、どうやら今はワンダーコアが人気なようですね。
名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
腹筋を鍛えるイメージが強いワンダーコアですが、実際は腹筋以外も鍛えていくことが出来るので、全身の筋トレに使えてお得です。
トレーニングする場所の確保は必要ですが、物自体はそれほど大きくないですから保管は簡単です。

絶対にダイエットを成功させるために筋トレを行っていくぞ!という強い意志があるのでしたら、購入を考えてみるのもいいのではないでしょうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 筋トレ 食事

ダイエット中に筋トレを組み込んでいくなら、食事にも意識してみましょう。

ダイエット中の食事は低カロリーのものが基本ですが、そこにたんぱく質をなるべく追加していけるといいですね。
たんぱく質は筋肉の素になりますので、筋肉量の少ない女性は特に積極的に摂っていった方がいいですよ。

そうすれば、筋肉量を増やしていきやすくなりますので、筋肉によって脂肪燃焼効果を高めていきやすくなります。

筋トレをしていなくても、筋肉の維持のためにはたんぱく質は必要ですから、日頃から意識していけた方がいいですね。
用意が大変だというのでしたら、野菜サラダにコンビニのサラダチキンを入れてみてもいいと思います。
鶏肉からの動物性たんぱく質を摂取出来ますし、サラダも鶏肉も低カロリーですからダイエットにおすすめです。

もしくは、プロテインを利用してもいいですね。
プロテインはたんぱく質という意味ですから、食事でたんぱく質を摂取していくよりも簡単です。
プロテインを利用すると太るイメージがあるかもしれませんが、それは体格がいい人がプロテインを飲んでいることが多いからそう感じるだけだと思います。
分量に気をつけていけば、そう簡単にムキムキになったりしませんので安心して利用していきましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 筋トレ メニュー

ダイエット中は筋トレをメニューに組み込んでいくと効率よく体重を落としていきやすくなりますよ。

おすすめは、ストレッチ→筋トレ→ストレッチ→有酸素運動、です。

こうすることで、体を温めた上で脂肪を燃焼しやすくしていくことが出来るので、有酸素運動の効果を高くすることが出来ます。

筋トレを行うと、成長ホルモンが分泌されるのですが、その成長ホルモンには体脂肪の分解を行う働きがあります。
つまり、有酸素運動の前に筋トレを行うことで、脂肪を燃やしやすくしていってくれるのです。

また、筋トレを行うことで、筋肉量を増やすことが出来るので、太りにくい体質になっていくことが出来ます。

おすすめは腹筋やスクワットですね。

腹筋はお腹周りをすっきりさせてくれます。
お腹周りにお肉が気になってダイエットを決意する人も多いですから、筋トレを積極的に行ってみるのもいいと思いますよ。

スクワットは足の強化に感じるかもしれませんが、足には大きな筋肉がありますのでそこを鍛えることで脂肪燃焼効果を高めることが出来ます。
また、実はスクワットは正しい姿勢で行っていけると腰や背中など体の大半を使うことになりますので、色んな部分のトレーニングにもなります。
比較的狭い場所でも行っていきやすいですから、試してみてはどうでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ダイエット 筋トレ お腹

お腹を中心にダイエットしていきたいなら、やはり腹筋が一番でしょうね。

お腹が出てしまった原因が、腹筋の衰えで内臓が下がってしまっているなら尚更です。
腹筋を鍛えて、内臓を元の場所に戻していくことで、お腹をへこましていくことが出来ますよ。

筋トレ方法は、よく見る上半身を何度も起こすタイプのものではなくて、逆に仰向けになって足を上げるタイプがいいようです。
足を出来るだけ低くして、その状態を維持することで、腹筋を鍛えていくことが出来ます。
下げれば下げる程、自分への負荷が高くなりますので、何度もやっていく内に、徐々に高さは変わっていくと思いますよ。

腹筋に限らず、筋トレは「その場所の筋肉を使っていること」を意識していくことが大切です。
しっかり呼吸をして、腹筋に効いているのを自覚しながら、筋トレを行っていきましょう。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。